ハートボイスプロジェクト

ハートボイスプロジェクトブログ

2016年10月28日

【保護者のための】子どもをあたたかく育てるコツ講座

子育て

けいとうの花 ペアレントトレーニング

広島で行動理論に基づき
子どもをあたたかく育てるコツをお伝えしている
特別支援教育ジャーナリストの中谷美佐子です。

第4期秋冬の講座もあっという間に5回目になり
今日は望ましい行動を増やすための
トークンシステムの日になりました。

トークンシステムというのは
簡単に言うと「ご褒美」のことです。

ご褒美と言っても数々あり
ポイント制やコイン、シール、
お母さんと一緒にすごろくをするとか
ボードゲームをするとか、、、いろいろです。

いわゆる子どもが進んでやるには億劫だなと思うことに対して
子どもが喜ぶものを与えてやり
やる気が起きるようにしてやるわけです。

子どもにご褒美を与えると
物を要求する子どもになるのではないか?
と不安に思う人も結構いるのですが、
そんなことは全くありません。

たいていの大人達は
子どもにご褒美として物を与える際に
同時に何が良かったのかを具体的に言葉にして
褒めてやっていない場合が多いのです。

つまり、子どもに物を与えているだけで
褒めもせず「はいはい、これが欲しかったんでしょ」等と
嫌味まで言ってしまっていることもあるわけです。

そうすると、やはり子どもは
物を要求するようになってしまうのですね。

ですから、ご褒美を与える時は
必ず褒め言葉も一緒に添えることを忘れないようにしましょうね
とお話いたしました。

そして、良い行動が定着してくると
次第にご褒美(褒め言葉も含む)がなくても
子どもは自分から進んで良い行動をするようになるのです。

そんなお話をしながら
具体的にどのようにご褒美を与えていくと効果があるのかを
数々の具体例をお見せしながら
また、トークンシステムの使い方や進め方を
細かくお伝えしていきました。

さて、今日は飲む野菜と言われているマテ茶をお出しし、
お菓子はレモンのメレンゲにいたしました。

このお菓子、口に入れると、
あっという間に、しゅわっと溶けて
天然レモンの味と香りが広がって
とてもさわやかな気分になります。

呉市にある「とびしま柑橘工房」さんのお菓子です。

メレンゲのお菓子 ペアレントトレーニング

お母様の一人が
「息子が『はい』と返事ができなくて
いつもお父さんにひどく怒られていたのに
最近は怒られなくなったんですよ。
中谷先生の言う通りに、私が息子の返事を褒め続けたら
本当に子どもが返事ができるようになったのです」
と、とても嬉しいお言葉を頂きました。

子どもの良いところを見つけて褒めることは
家族みんなが幸せになっていくということなのですね。

ご受講中のお母様達が幸せになっていく様子を見ながら
私もたくさんの幸せを頂いています。
この出会いに深く感謝する日々です。

スクリーン ペアレントトレーニング

現在、第5期 2017春夏の講座のお申込を受けつけています。
残り3席です。
詳細はこちらからご覧ください↓
【保護者のための】子どもをあたたかく育てるコツ講座