ハートボイスプロジェクト

ハートボイスプロジェクトブログ

2015年5月28日

【保護者のための】子どもをあたたかく育てるコツ講座

こんにちは。
行動理論に基づき、子育てのコツをお伝えしている
特別支援教育ジャーナリストの中谷美佐子です。

今日は5回目の講座でした。
テーマは「望ましい行動を増やすトークンシステム」です。

トークンシステムというのは
簡単にいうと「ご褒美」のことです。

ご褒美と言っても、
いろいろありまして、、、

例えば、いちごが大好きな子にとっては
いちごが食べられることが褒美になりますが、
いちごが大嫌いな子にとっては
褒美には全くもってなりませんね。

それで、ちょっとしたシールを
貼ってやるだけでも褒美になりますよ~という話など、
いろいろなトークンについて
実にいろいろなお話をしました。

※すべて書いているとかなりの長文になってしまうため
「いろいろ」という曖昧な言葉で表現しています。
すみません。

トークンシステムを使うのは、
褒めるや関心を持つなどの
肯定的注目だけでは従順さを
引き出せないときにつかいます。

今日は、生活のリズムを整えるために
どのようなトークンを使うといいか?とか、
社会のルールを守るためには
こんな方法がありますよ~
あんな方法もありますよ~と、、、

あれこれ、実際、お母さん達や
支援者達が工夫して成功した例を
いろいろ紹介させていただきました。

トークンは2か月以上は続けないと
効果が出ませんから、
これから、2か月間は続ける自信があるときに
始めてくださいね~とお話しました。

人の行動は2か月以上続けないと
定着しないのですね。

途中であきらめてしまうようでしたら
最初からやらないでおきましょう!
ということです。


今日のお茶はハーブコーディアル(エルダーフラワー)です。
皆さん、「おいし~い」と言って飲んでくださって、ちょっぴりうれしかった私。


そして、お部屋の香りは、ヒノキとアスナロ、ヒメコマツ、モミのブレンドで
森の中にいるような気分でした。

来週は、困った行動を減らすために
上手に無視をする方法をお伝えします。

あっ!無視と言っても、ちょっと違いますよ。
あたたかい無視ですから、お間違いなく!