ハートボイスプロジェクト

ハートボイスプロジェクトブログ

第5期子どもをあたたかく子育てるコツ講座最終回 参加者の感想

2017年7月13日

受講者の声

子どもをあたたかく育てるコツ講座(ライブ)

子育て

支援・トレーニング

発達障害

広島で行動理論に基づいて
子どもをあたたかく育てるコツをお伝えしている
ハートボイスプロジェクトの中谷美佐子です。

さて、昨日、第5期子どもをあたたかく育てるコツ講座が終了しました。
わけあって昨日は午前中に10回目の講座をして
ランチタイムをはさみ午後から11回目の講座「振り返り・修了式」となりました。

全11回の講座で、受講前は「3か月も通うの~?長いな~」と
おっしゃる方も多いのですが、
「あっという間に終わってしまった」といった感想をよくいただきます。

「なぜ?11回も講座に通わなければいけないのだろう?」と
始めは皆さん思われるようなのですが、

講座開始後すぐに「あっ!これは1日や2日で学べるものではないな!」
「人の行動にはそんな意味があったのか。奥が深すぎる」
「どんどん、自分を見つめざるを得なくなってきた」
「子どものせいで、夫のせいで、と思っていたのに、自分?」などなど
皆さん、いろいろな体験をされます。

そして、次第に子どもの良い行動に気づくようになって
いつしか子どもに『良い行動とはどういったものなのか』を
気づかせるのが上手になっていきます。

それで、昨日は午後から最終回だったので修了証書をお渡しして
お祝いに私が作った杏仁豆腐をお出ししました。

休憩タイムにお抹茶ときんつばも皆で楽しんだのですが
写真を撮るのを忘れました。がっくりですね。

では、参加された方々の10週間を振り返った感想を紹介しましょう。

【娘 40代の女性】
自分の子供は大きくなり、そこまで気になる行動もなく、
むしろ母親の方が気になる事が多く、大人なので難しいとは思っていましたが、
この度まさか母との関係がこんなにも良くなるとは夢にも思いませんでした。
生徒への言葉がけや、保護者の方との関わり方、母、娘との関係、
この講座を受講して本当に良かったです。

行動の観察、自分の言葉がけの振り返り、
いかに今まで無意識にしていたかよくわかりました。
肯定的な言葉がけは普段から意識はしていましたが、
トークンシステムを学び、もう一度子育てでやってみたいなと思いました。
どうやったら効果的か疑問に思って子育てをしてきましたので、
できることなら、試してみたいです。

この勉強を妊婦の時に学べたらなと思いました。
子供にとってもいいですけど、お母さんにとっても
穏やかな子育てができると思います。
このような機会を頂き、ご縁を頂けたことに感謝です。
ありがとうございました。

【保護者 30代の女性】
始まる前は11回やり切ることができるか不安で、
始まってみても精神的にしんどかったことが思い出されます。
子どもへの対応が思うようにできず、
講座に行くのが気持ち的にしんどいこともありました。
その時は中谷さんや参加している皆に会いたい、
中谷さんが出してくれるお茶とスイーツで癒されたい!と
モチベーションを上げたことも正直あります。
毎回、目から鱗が落ちる充実した講座で、
行動観察からの気づき、中谷さんからのあたたかい応援、
家族から「怒らなくなったね」と言ってもらったこと、
たくさんのことが支えになりました。

講座を受ける前は、子どもの発達障害の診断を私が受けとめ切れておらず、
発達障害がある息子がもどかしく、イライラしっぱなしで
手をあげることもありました。
この講座では私が今まで当たり前だと思っていた
自分の価値観や固定観念を崩してもらいました。
講座が終わった今は、息子の特性を「個性」として捉えられるようになっています。
いつもは心の片隅に隠れている「できるなら普通級の子供のようになってほしい」
気持ちもかなり小さくなっています。

何か起きたことには「何でこうなるんじゃろう?何がいけんかった?」と
まず自分の言動を振り返り、子どもを観察し「次はこうしよう」
「こうしたら変わってくるんじゃないか」など考え、
次に進むことができるようになりました。

講座を受けている途中には「息子の年齢が低い時にこの講座を受けたら
どうだったんだろう、受けたかったなあ」とよく思いました。
でも、最終回の今では「子どもも私も苦しんだけど、その時期があったから
この学びが大きなものになるんだ!」という前向きな気持ちにもなれています。

これからは講座で学んだことを復習しながら、
「子どもをあたたかく育てて」いきます。
この講座を受けて本当に良かったです。
一生の宝物です。

【保護者 50代女性】
参加前は、少人数でレクチャーを受ける訳だからピンポイントでの質疑応答や
講義等で早めの理解と、問題の早期解決を想定していました。
いざフタを開けてみると、問題は山積で、講義の最終日を迎える頃になっても
観察は完結せず、子供を観察しているつもりがいつの間にか
自分自身を顧みる観察にすり替わり、自身の成り立ちを否応なく
掘り起こされることになりました。
これまで封印していた記憶がよみがえり、初期の講座は私にとって精神的に
キツいものでした。

毎週、観察記録を提出するたびに声かけのタイミングや言葉の選択のまずさを
反省することしかできませんでしたが、講義を回数を重ねるごとに、
観察相手の息子のことと併せて自身の言動の原因を探るようになりました。
息子と観察する自分以外に、環境要因として外せない夫の存在を
認識するようになったのは、講座が中盤に差しかかった頃です。

言葉遣いが徐々に慎重になるにつれて息子への評価が一見良くなったように
思われましたが、設定した目標行動の観察の仕方の拙さから、
終盤近くになって仕切り直しを余儀なくされました。
他の参加者の方々が順調なだけに自分の至らなさに正直落ち込みましたが、
思考を深く巡らせていく感覚を覚えられただけでも良しとしようと、
考えを切り替えることにしました。

最終日間際になって、今後の息子のために再度、夫に声かけをしないよう
協力をお願いしました。自分にしては珍しく穏やかに話しかけられたと思います。
その際言われた夫の言葉にハッとしました。
「俺が毎日食器を洗っているんだから、弁当箱を出さない息子に言わないと
俺が困る。言わない訳にはいかないだろう。」と語気を強めて言われた時に
ようやく気付きました。

夫のことは二の次で、家庭ではいつも子供を優先していたこと。
家族のために働き続け、仕事から帰った後も家族の食事の支度全般から
食器洗いまでこなしてくれている夫に対して、
思いやりがないと非難ばかりしている私自身が、
私同様疲れて帰宅している夫に対する思いやりを微塵のカケラも
持っていなかったんだと、今頃気づきました。

夫の私に対する優しさにつけ込んで、料理から食材の買い物に至るまでを
全て、夫に丸投げしていました。
夫が息子に声をかけざるを得ない状況に私が追い込んでいる以上、
夫がキレるのは当然です。キーパーソンは夫ではなく、私でした。

この一週間は、食器洗いはほぼ私が毎日やっています。
夫の出勤前の見送りも毎日行っています。
以前よりは感情を抑えて家族に接することが
わずかながらも増えたと実感しています。
感情をコントロールするために、出勤の車中で笑顔を練習中です。

設定した目標行動の観察の結果がどうであれ、
自分自身を顧みるから省みる過程を味わい
うっすらではありますが、夫への感謝の気持ちが芽生えました。

【支援者 20代の女性】
この講座に参加して子どもへ接する際に余裕ができたのが1番大きいです。
記録をつけ、それを省みることで次に繋げることができ、ゆとりが生まれました。
ゆとりは笑顔を増やし、いいところをよりたくさん見つけることができました。
子どもと一緒にたくさん笑い、課題を見つけても慌てなくなりました。

講座だけでなく、中谷先生やほかの受講者の皆さんと
日々の事例を検討できてとてもわかりやすく学ぶことができました。
また、参加前までは、記録をつけることで自分の子どもへの接し方と
向き合うのが怖かったです。

だけど、中谷先生に的確なアドバイスを頂いたり、
他の受講者の方々と共感しあったりすることで前向きに取り組むことができました。
改善点だけでなく、私のいいところをたくさん見つけていただけたことで、
楽しく記録をつけ続けることができました。

さて、第6期の「子どもをあたたかく育てるコツ講座」は
9月6日(水)から開始いたします。
この講座に参加して親子関係を『穏やかに』
そして『あたたかく』したい方はご参加ください↓
2017秋冬【保護者のための】子どもをあたたかく育てるコツ講座案内

不定期ですがメルマガを発行しています。
子育てのコツや、行動理論に基づいた子どもとの関わり方、
多様な人達、違いを認め合える関係づくり等について書いています。
また、ハートボイスプロジェクトの講座案内等もお送りします。
ご希望の方はこちらからお申込できます。購読は無料です↓
ハートボイスプロジェクト無料メルマガお申込フォーム

子どもが興奮している時の対応方法

2017年6月22日

子どもをあたたかく育てるコツ講座(ライブ)

子育て

学校

支援・トレーニング

発達障害

こんにちは。広島でインクルーシブ教育の普及活動と共に
子どもへの適切な関わり方を伝えている中谷美佐子です。

さて、昨日は子どもをあたたかく育てるコツ講座で
タイムアウトとクールダウンについて話しました。

タイムアウトというのはアメリカでよく使われていて
教室などで興奮して問題行動を起こしてしまった子どもが
別室で落ち着くように促されるといったものです。

どういったことかというと、
トラブルを起こした時というのは
たいていの人が興奮していますから、
少しの間、興奮してしまった場所から離れて
空き部屋等でしばらく頭を冷やすといった感じのことです。

例えば、子ども同士が玩具の取り合いになって
興奮してしまって、つい相手をポカリとやってしまったとします。

ポカリとやった時点でその子は既に興奮してしまっていますから
その場にいる限り、興奮はおさまりませんから
ちょっとその場を離れて何にもない(刺激のない)部屋へ行って
数分程度、椅子などに座って冷静になる時間を設けるわけです。

2歳であれば2分程度、3歳であれば3分程度、
10歳であれば10分程度が基準となります。
つまり、年齢×1分と思っておいて頂ければ大丈夫です。

私が見た限りではこのタイムアウトはアメリカの教室でも
家庭でもよく使われていました。

また、私が知っているドイツ人家族も
子ども達が大喧嘩を始めると
お母さんが「タイムアウト!」と言って
子ども達の各部屋へ行かせて
クールダウンさせていたのをよく見ました。

ここで、ポイントなのはアメリカでも
私が知っているドイツ人家族でも大人が
一切怒っていないというところです。

さらっと「タイムアウト」と言って
子ども達を冷静にさせる時間を作っているだけで
説教をするわけでもなく反省を促すわけでもなく
実にあっさりしていました。

そのため、子どもも落ち着いた顔をして
元の安定した状態になって学校であれば教室に戻ってきますし、
周りの子ども達もタイムアウトになった子どもを茶化すわけでもなく、
何食わぬ顔をしていて自分は自分、人は人といった様子があり
多様性が認められるというのはこういうことなのかな?と
私はアメリカで思ったことがあります。

日本ではよく子どもに「反省」をさせますが
反省するよりも、子ども達はまずはクールダウンが必要です。

そして「反省」させるよりも、子ども達に効果があるのは
子ども達が落ち着いている時に
トラブルが起きた時に、どうすれば良かったのかを
具体的にストレートに簡潔に繰り返し教えてやることです。

そして、やはり、子ども達が大人の言う良い行動に従った時は
即座に褒めてやることが大切です。

子どもの良い行動を繰り返し褒めていれば、
約3か月くらいで子どもの良い行動は定着しますから、
後は子どものその良い行動を褒めなくても
自然と子どもはその良い行動を続けるようになるのですね。

これが行動理論に基づいた子どもへの適切な関わり方です。

こちらの本いいですよ。ぜひ読んでみてください↓

昨日の講座ではタイムアウトというよりは
クールダウンをどのようにしていけばいいのかを話しながら
ひょっとすると、子どもではなく大人の方が
クールダウンしないといけないこと多くないですか?
なんていうような話で盛り上がりました。

じゃ、子どもにクールダウンさせるというよりも
まずは私達大人がクールダウンできる方法を考えてみようということで
参加者お一人お一人にアイデアを聞くと
皆さん「トイレにこもる」という方が多く笑ってしまいました。

実は私もクールダウンしたい時はトイレにこもります(笑)

さて、次回の子どもをあたたかく育てるコツ講座8回目の
テーマは子どもが大人に協力してくれるようになる方法です。

現在、2017年9月開始の子どもをあたたかく育てるコツ講座の
参加者を募集しています。
残り2席ですので9月からの講座参加希望の方は
お早めにお申込された方が良さそうです。
詳細はこちらからご覧頂けます↓
子どもをあたたかく育てるコツ講座全11回 2017年9月6日(水)開始

不定期ですがメルマガを発行しています。
子育てのコツや、行動理論に基づいた子どもとの関わり方、
多様な人達、違いを認め合える関係づくり等について書いています。
また、ハートボイスプロジェクトの講座案内等もお送りします。
ご希望の方はこちらからお申込できます。購読は無料です↓
ハートボイスプロジェクト無料メルマガお申込フォーム

学校で困っている子の見つけ方

2017年6月13日

メディア

子育て

学校

発達障害


FMちゅーピースタジオ内。左にいるのは水田アナ、パソコン見ながらしゃべっています。真ん中の奥にいるのはチーフディレクターの石田さん。右側で半分顔が切れているのが私です。

こんにちは。行動理論に基づいて子育てのコツをお伝えしている
ハートボイスプロジェクトの中谷美佐子です。

さて、今日はFMちゅーピーでしゃべっておりました。
内容は「学校で困っている子の見つけ方」です。
以下に話した内容を書いておきますので参考にしてください。

一般的に授業妨害などする子どもは
たいてい「とんでもなく困った子ども」と見ている人が多いのですが、
実際には「とんでもなく困り続けている子ども」という
見方をした方がいいのですよ。

特に目立って困った子どもというのは
支援の対象と考えておく必要があるんです。

でも、たいてい「本人のわがまま」のせいにされていたり
保護者の関わり方が悪いんじゃないかと言われていたりしますが
実はそうではないのです。

「めっちゃ悪い」んじゃなくて、躾がなっていないんじゃなくて、
そうせざるを得ない理由があるということなんです。

例えばですね、A君という小学3年生の子がいました。
担任の先生がA君は国語の授業になったら
クラスメートの邪魔をする、叫んで教室を走り回ると言います。

それで、この担任の先生に国語の授業のどういった時に
A君は教室を走り回ったり、クラスメートの邪魔をするのかを
観察してもらいました。

そうすると、担任の先生の観察で分かったことは
A君は国語の授業でも音読の時間になると騒ぐということだったんですね。

ということは、A君は音読に何かしら困難さがあるのかもしれないと思って
アセスメントしたところ、縦の眼球運動がうまくいかず、
国語の教科書がうまく読めなかったんです。

検査の結果ではA君は横書きの文章は何とか読めたのですが
国語の教科書のような縦書きの文章は
眼球が上下にうまく動かせないために
手で教科書を上下に動かさないと読めなかったわけです。

でも、教科書を上下に動かすと先生から
「教科書を動かさずにしっかり持ちなさい」と怒られますから
どうやっても読めないわけです。

それで、音読が辛いのでクラスメートの邪魔をしたり
教室を走り回って授業の妨害をしていたわけです。

当然、担任の先生はA君を怒って廊下に立たせたりしますから
A君は辛い音読しなくて済むようになるわけです。

騒げばA君は嫌なことを避けることができますね。
授業中騒いだり、クラスメートの邪魔をする子は悪い子どもだと
誰もが思っていますが、まさかそんな背景や理由があるなんて
思いつきもしませんから、やはり「悪い子」とレッテルを
誰でも貼ってしまうわけです。

だから、私は目立って困った子どもは、実は困っている子どもで
支援の対象になりますよとお伝えしています。

先程のA君ですが、音読の時間に騒いでいた理由が分かってからは
眼球が上下にスムーズに動くようにビジョントレーニングをしたり
教科書にカラーフィルムを載せると読みやすくなるということが分かって
こういった学習支援をしてもらえるようになってからは
まったく教室で騒がなくなりましたので、
とんでもなく困った子どもと言われている子ども達が
いかに学習支援が必要かということが分かりますね。

A君の話はほんの1例で、「この子はどうにもならない」と思われている
子ども達というのは、たいてい多くの困難さをもって教室にいるのだと
いうことを知っておいて頂きたいと思います。

何の問題もなく教室にいられるのだったら
大人しく授業を聞いているわけですから。

だから、この子達を怒ってもしかたないわけで
支援が必要な子ども達だということを
私達大人が理解して合理的配慮のある教室を
作っていかないといけないということなのです。

子ども達の困り感に私達大人が気づかず
適切な対応や配慮をしないと、
子ども達は頑張ってもできない、上手くいかないといった
失敗体験や叱責された記憶だけが蓄積していって
ますます自尊感情を低下させることになってしまいます。

自尊感情が低下すると意欲の低下が起こりますので
やる気のない子どもになってしまうんですね。

また、発達障害のある子ども達で学習に困難さがある場合
学習支援をしないと二次障害となってしまいます。
二次障害というのは本来もっていなかった障害で
環境によって障害になってしまうというものです。

例えば、障害特性に対して私達大人が怠けていると誤解して
叱責を繰り返していると人格障害の1つで
反抗挑戦性障害になってしまったケースも多くあります。
やる気がないと大人から勘違いされて
ずっと怒られ続けた子どもがうつ病になっていたこともありました。

こういった元々なかった障害に子ども達をさせないためにも
「とんでもなく困った子ども」というレッテルを貼るのではなく
サポートの必要な子ども達なのだと理解して
学校や家庭で、配慮や学習支援を進めていかなければならないと
私は思っています。

とまあ、こんな感じで喋ってまいりました。
参考にして頂ければ幸いです。

さて、ハートボイスプロジェクトでは
怒らなくても子どもが良い行動をするようになる
子育てのコツを学べる講座を年2回開いています。
2017年9月6日(水)から第6期を始めるため
現在、お申込を受けつけています。
詳細はこちらからご覧ください↓
【保護者のための】子どもをあたたかく育てるコツ講座

不定期ですがメルマガを発行しています。
子育てのコツや、行動理論に基づいた子どもとの関わり方、
多様な人達、違いを認め合える関係づくり等について書いています。
また、ハートボイスプロジェクトの講座案内等もお送りします。
ご希望の方はこちらからお申込できます。購読は無料です↓
ハートボイスプロジェクト無料メルマガお申込フォーム

怒らないで子どもの良い行動を引き出す方法

2017年6月8日

子どもをあたたかく育てるコツ講座(ライブ)

子育て

学校

支援・トレーニング

発達障害


*講座休憩中のお抹茶と上用饅頭の写真です。

こんにちは。
広島で子どもの発達段階に合わせて
行動理論に基づいた子どもを怒らないで良い行動を引き出すコツを
お伝えしているハートボイスプロジェクトの中谷美佐子です。

昨日【保護者のための】子どもをあたたかく育てるコツ講座
第6回を開いていたので少しばかりですが書いておこうと思います。

昨日は低気圧が来ていて雨も降っており
参加者が体調を崩されなければいいな~と思っておりましたら
案の定、お1人、熱を出されてお休みされました。

低気圧がやってくると頭痛がする人、身体がだるくなる人、
寝込んでしまう人など色んな人がいます。

特に発達障害のある子ども達は低気圧にとても弱いですから
どうかあまり無理をさせないで休ませてやってください。

さて、昨日は子どもの困った行動を減らす方法をお伝えしたのですが、
たいてい真っ先に子どもの困った行動を減らす方法として
私達が思いつくのが「怒る」とか「怒鳴る」だと思います。

子どもは大人が怒ると、その瞬間だけはその困った行動をやめるので
こちら側(大人側)の怒るという行動が強化されてしまいます。

そのため、大人は子どもが何かしら困った行動をすると
すぐに怒るようになります。

そうすると、子どもはますます困った行動をするようになり
子どもはますます大人から怒られるといった負の連鎖が続きます。
これがエスカレートすると虐待になりますのでお気をつけください。

度々お伝えしているように
子どもを褒めることも怒ることも、
子どもに注目していることになりますから
子どもの良い行動も悪い行動も強化していくことになるのです。

だから、良い行動には「褒める」
困った行動には「注目しない」となります。

では、注目しないようにするにはどうしたらいいのかを
昨日、講座の中で延々と話したわけですが、、、

怒ることは、子どもの脳への悪影響だけでなく、
子どもがますます困った行動を強化していくため
怒らないで子どもの良い行動を引き出すテクニックを
私達大人は知っておいた方がいいのです。

講座の中では子どもの困った行動に対して
(怒らないで済む)対応方法を丁寧に説明していきました。

こちらに簡単にその流れを書いておきますので参考にしてください。

まず子どもが困った行動を始めたら
私達大人は子どもの行動に注目しないようにします。

子どもの様子を見てみぬふりをしながら
子どもの良い行動が出るのを待ちます。

そして、子どもが良い行動を始めた瞬間を狙って
その良い行動を言葉にして褒めるのです。

この繰り返しを約3か月すると
たいていの子どもの困った行動はなくなります。

この講座では記録をつけながらこういった方法を
実践していきますので、明確に子どもの変化を見て取れます。

そのため、こちら側(大人側)も子どもが勝手に悪くなったのではなく
こちら側(大人側)が子どもの困った行動を強化するような
声のかけ方や関わり方をしていたことに気づきます。

そうすると、こちら側(大人側)に大きな変化が起きるのです。
つまり、子どもは勝手には悪くはならないということに気づきます。
子どもが良くなるのも悪くなるのも大人次第と気づくのです。

人は気づくと変われますから、私達大人がより良く変わるために
記録をつける練習をするのが、この【保護者のための】
子どもをあたたかく育てるコツ講座なのです。

来週は困った行動が強化されてしまっている場合に
制限を設けて適切な行動へ導く方法をお伝えする予定です。
お楽しみに♪

秋からの講座は2017年9月から開始します。
詳細はこちらからご覧ください。残り3席です↓
【保護者のための】子どもをあたたかく育てるコツ講座

不定期ですがメルマガを発行しています。
子育てのコツや、行動理論に基づいた子どもとの関わり方、
多様な人達、違いを認め合える関係づくり等について書いています。
また、ハートボイスプロジェクトの講座案内等もお送りします。
ご希望の方はこちらからお申込できます。購読は無料です↓
ハートボイスプロジェクト無料メルマガお申込フォーム

褒め方いろいろ、人それぞれ 

2017年5月25日

子どもをあたたかく育てるコツ講座(ライブ)

子育て

支援・トレーニング

発達障害

こんにちは。行動理論に基づいて
子どもと楽に関われるようになる方法をお伝えしている中谷美佐子です。

さて、昨日、子どもをあたたかく育てるコツ講座4回目で
肯定的注目についてお話しました。

肯定的注目というのは子どもを褒めたり認めたりする方法にも
いろいろあって、単に褒めればいいというものではく、

その子その子の特性に合わせて
どういった方法が一番その子が認められていると感じやすいか、
どんな言葉がけの仕方がその子が一番喜ぶか、
どういった状況で伝えられると子どもが認められていることが
分かりやすいか等、様々な視点からの講座内容です。

大げさにみんなの前で褒められたい子もいれば
周りに人のいないところでそっと静かに褒められたい子もいます。

これは、年齢によっても違いますし、
二次障害が重篤な子どもであればあまり大げさに褒めると
「何か裏があるのではないか」と思ったりする場合もありますから
一概にどこでもかしこでも子どもを褒めていれば
いいというわけではありません。

それぞれの子どもに、それぞれの褒め方や認め方が必要ということです。

子どもを褒めるというのは「すごいね~」とか「えらいね~」とか
言うばかりでは子どもは何がすごいのか?何がえらいのか
分かりにくい場合が多いので、

できるだけ「○○してすごいね」「○○ができてえらいね」と
この○○のところに具体的な行動を言葉にしてやって欲しいのです。

そうすると子どもは大人に褒められる度に
「あ~○○することは良いことなんだ」と理解して
その良い行動を繰り返すようになります。
そして、次第に良い行動が定着するようになるのです。

「すごいね」「えらいね」「天才」等といった言葉を
いつもかけられている子どもは
常に不全感を覚えることになります。

特に発達障害のある子ども達の場合は、
何がどれだけすごければいいのか?
何をどれだけすればえらいのか?
どのあたりで天才なのか?など
具体的に数値化できないため分かりにくく、

心の中で
「僕は(私は)いつもえらい子でなければならない。
でもどうしていれば、ずっとえらい子でいられるのか?」と
常に悩み、苦しむようになります。

こういったところから、子どもを褒める時も
いかに具体的に何が良かったのかを明確に言葉にして
褒めてやることが大切です。

こんな話をしながら、お子さんが常に動いているとおっしゃる
お母さんと支援者がいらっしゃったので
お家の中で固有感覚(骨や筋肉にグッと力が入った時に感じる感覚)に
刺激を入れて落ち着けるようにスポーツグッズをご紹介しました。

左側の二つは両手で引っ張って筋力トレーニングをするものですが
こういったものがリビング等にあると
子どもが家の中で飛んだり跳ねたりしなくて済みます。
マンション等にお住まいの方は下の階の方に気を遣いますから
こんなグッズがあるといいですね。

右側のものは足にひっかけて両手で引っ張ります。
こちらも子どもは楽しいし、腕や足の固有感覚に
刺激を入れることができるので落ち着きます。

その子その子が必要としている感覚を満たしてやれるものを
私達大人が知っているといいですね。

では来週はご褒美の与え方についてお話する予定です。

さて、こちらの講座は約3か月間、
子どもを観察して記録をとりながら
応用行動分析を学んでいくものです。

参加者にはお子さんの記録を毎回とって来て頂きますから
3カ月後には、自分で記録を見ながら子どもの行動の意味が分かるようになります。

また自分自身のことや、子どものことに気づきやすくなるため
生活が穏やかになっていきます。

次の【保護者のための】子どもをあたたかく育てるコツ講座は
2017年9月から開始します。
現在、お申込を受けつけています。定員4名です↓
第6期子どもをあたたかく育てるコツ講座

また、専門性をもって発達障害の子ども達を支援したい方は
NPO日本インクルーシブ教育研究所の養成講座がおススメです。
現在、この養成講座の説明会のお申込を受け付けています。
講師は私(中谷美佐子)です↓
NPO日本インクルーシブ教育研究所 学習・発達支援員養成講座説明会